整体なら長野市の体バランス快復センター

腰痛・肩こり・頭痛・膝痛・坐骨神経痛・自律神経失調症・アトピー性皮膚炎・更年期障害など慢性症状専門整体院 駐車場完備


長野県長野市高田1939-8 営業時間:9:00〜19:00 定休日:火、日曜日、祝日
完全予約制(当日予約でも大歓迎) 今すぐお電話⇒0120-97-3096
「いきなり電話はちょっと・・・」という方はこちらをどうぞ

腰痛の種類 長野市の整体 体バランス快復センター

腰痛にはさまざまな病名がつけられています。以下に代表的な腰痛の病気をしめします。

※注意 寝ていても痛い腰痛は注意が必要です。
体勢を変えたり、安静にしていれば痛みが軽減またはなくなる腰痛は、骨や筋肉などの問題からくる腰痛ですが、体勢を変えても痛いとか安静にしていても痛い腰痛は、内臓に問題があるとか腫瘍による痛みかもしれません。すぐに病院で検査してください!

腰椎症(変形性腰椎症、腰部椎間板症)

主な症状は腰痛です。慢性的な痛みが続きます。特に朝起きたときに腰が痛くなる、長い時間立ちっぱなし、座りっぱなしが続いたとき腰が痛くなるというような特徴があります。

また、老化なので背骨の形が変わってしまうと、姿勢が悪くなっていきます。本来、腰の部分の背骨は、前に少し出て曲がっているのですが、それが後ろに出て曲がってしまったり(高齢の方に見受けられる腰の曲がり)、背骨を前後からみたとき本来まっすぐな背骨が、曲がってしまいます。(側湾)

腰椎症状は、原因によって椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの病名がつくこともあります。

腰椎症の主な原因は、老化や長年にわたる腰への負荷により、腰の部分の骨や椎間板が変形してきて神経を圧迫していることがあげられます。

背骨は椎骨と呼ばれる骨が積み重なって構成していますが、老化や長年にわたる腰への負荷により、その椎骨と椎骨の間にある椎間板や関節が変形してきてしまします。

特に腰の部分の背骨は、重たい上半身を支えており、しかもお腹の方に少し出て曲がっているので、負荷が集中しやすいのです。

腰椎椎間板ヘルニア

主な症状は腰の痛みと脚の痛みやしびれです。また、脚の筋力が弱くなったり、排尿や排便に異常をきたすこともあります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因は、椎間板の一部が飛び出して、それが神経を圧迫してしまうことです。椎間板に強い力がかけられたりすると、椎間板が破れたりして椎間板の中にある「髄核」と呼ばれるものが出てくる場合があります。これが椎間板ヘルニアです。腰椎におこると、腰椎椎間板ヘルニアといわれます。

椎間板ヘルニアはいくつかに分類されます。「膨隆型」、「脱出型」、「穿破脱出型」及び「遊離脱出型」です。

膨隆型は、椎間板の中にある髄核がその周りを囲んでいる線維輪という組織を押し出して、椎間板が突き出した状態になります。
脱出型は、髄核が線維輪という組織を突き破って飛び出した状態になります。
穿破脱出型は、髄核が線維輪という組織を突き破り、さらに後縦靭帯も破って飛び出している状態です。
遊離脱出型は、飛び出した髄核が遊離し、移動した状態です。

少し前までは、椎間板ヘルニアは手術しなければ治らないと考えられていましたが、近年になり飛び出した髄核が自然に元に戻る場合もあることがわかってきました。

脊椎分離症・すべり症

脊椎分離症・すべり症の主な症状は腰痛です。また、すべり症は脚が痛くなったりしびれたりする症状もあらわれます。さらに、すべり症はお腹の方への曲がりが強くなって姿勢がわるくなったり、背中に階段状のくぼみがみられることもあります。

脊椎分離症・すべり症の原因の多くは、腰の骨の疲労骨折です。多くの場合、子どものころに激しいスポーツなどを行い長い間にあわたってそれが繰り返され腰に負荷がかかり疲労骨折を起こすものと考えられています。

また、背骨は横から見るとアルファベットの’S’のように曲がっているのが普通です。腰の部分はお腹の方に少し出たかたちで曲がっています。それが何らかの原因でずれが起こると腰の筋肉や靭帯が支えきれなくなって腰の骨がすべってしまうのです。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症の症状は、脚の痛みやしびれがおきます。それがひどくなってくると、歩けなくなる「間欠跛行」という状態になってしまいます。

間欠跛行とは、しばらく歩くと脚が痛くなったり、しびれたりしてきて歩けなくなり、少し休むとまたあるけるようになる状態です。間欠跛行がおこる原因は、歩くと脊柱の管が狭くなり、よい強く神経が圧迫されます。座ったりして少し休むと脊柱の管が広がるためまた少し歩けるようになるのです。

また、他の症状としては、腰から脚にかけて痛みやしびれが起こる場合もあります。さらに、脚の脱力感や排尿や排便の異常、男子の場合は異常な勃起、女性の場合は、会陰部のほてりや異常感覚がある場合もあります。

背骨は椎骨と呼ばれるいくつかの骨が積み重なって構成されていますが、その椎骨には神経が入る穴があいています。それが背骨でみると管がとおっているようになっています。これが脊柱管です。腰部脊柱管狭窄症は、何らかの原因によってこの管が狭くなり、その中をとおっている神経の根元が圧迫されることによって痛みやしびれなどの症状があらわれます。

脊柱管が狭くなるのは、まずは生まれつき脊柱管が狭い場合があることがあげられます。さらに、老化やすべり症などによって狭窄症がひきおこされてくるようです。