整体なら長野市の体バランス快復センター

腰痛・肩こり・頭痛・膝痛・坐骨神経痛・自律神経失調症・アトピー性皮膚炎・更年期障害など慢性症状専門整体院 駐車場完備


長野県長野市高田1939-8 営業時間:9:00〜19:00 定休日:火、日曜日、祝日
完全予約制(当日予約でも大歓迎) 今すぐお電話⇒0120-97-3096
「いきなり電話はちょっと・・・」という方はこちらをどうぞ

肩こり・首痛の種類 長野市の整体 体バランス快復センター

首や肩のトラブルにはさまざまな病名がつけられています。以下に代表的な病気をしめします。

※注意 手に力がはいらない、字を書きづらい、箸を持ちにくい、つまずく、歩きづらいなどの症状に気づいたら、すぐに病院で検査してください!

頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア

頚椎症、頚椎椎間板ヘルニアの主な症状は首の痛みやこりです。次第に後頭部や肩こりや痛みもおこってきます。また、目の疲れやかすみ目もおこる場合もあります。

さらに、首の神経が圧迫されると、首から肩、腕や手へ強い痛みやしびれがあらわれます。

頚椎症、頚椎椎間板ヘルニアの主な原因は、首の骨や椎間板の変化によって神経が圧迫されることです。

首の骨は7つあって、頚椎と呼ばれています。その骨と骨にクッションの役目をする椎間板があります。正常な椎間板は弾力性があるのですが、年齢を重ねるごとに、または何らかの原因によってその椎間板の弾力性がなくなってきたり、亀裂が入ってしまうことがあります。

このように椎間板が変化してくると、椎間板を挟んでいる骨にも影響がでてきて、骨が変形してきたり、椎間板の中にある髄核と呼ばれるものが飛び出したりしてきて、神経を圧迫してしまうのです。

頚肩腕症候群

頚肩腕症候群の主な症状は、肩のこりや、首の痛み、腕が重たい感じなどです。

頚肩腕症候群の主な原因は、首や肩、背中の筋肉の疲労です。首や肩にはいくつかの筋肉がありますが、何らかの原因によりこれらの筋肉が疲労して緊張して硬くなり、血の流れがわるくなってきます。そうすると、乳酸と呼ばれる疲労物質が溜まってきます。その結果、首の痛や肩こりという症状があらわれてきます。

首や肩、背中の筋肉を疲労させる原因として考えられることは、パソコンやデスクワークなどで長い時間同じ姿勢をとっていること、運動不測で筋力が低下していること、精神的なストレスなどがあげられます。

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群の主な症状は、腕から手にかけてのしびれ、肩や首のこりや痛み、腕のだるさなどです。手を上にあげると痛みがあらわれるという特徴があります。また、手指が冷たくなる、指先に潰瘍ができるという症状もあらわれる場合もあります。

もし、両肘を90度に曲げたまま、両腕を90度あげて(かるいばんざいのような格好)そのまま3分間あげていられないと、胸郭出口症候群が疑われます。

胸郭出口症候群の主な原因は、胸郭出口というところにある神経や血管が圧迫されることです。胸郭出口というところは、鎖骨と胸の骨である肋骨の1番目の間(隙間)にあります。ここには、神経や血管(動脈、静脈)が通っています。何らかの原因でこの胸郭出口が狭くなってしまうのです。

脊柱靭帯骨化症(後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症)

脊柱靭帯骨化症(後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症)の主な症状は、首の痛みや手脚の痛みやしびれ、箸を持ちにくくなる、脚が突っ張って歩きにくくなる、階段の上り下りができないなどです。また、胸の圧迫感や肋間神経痛や胸の痛みなどの症状もでる場合があります。

脊柱靭帯骨化症(後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症)の主な原因は、背骨を支えている靭帯が何らかの原因によって厚く硬くなって(これを骨化といいます)さまざまな症状をひきおこしていまいます。

背骨は椎骨と呼ばれる小さい骨がいくつも積み重なって構成されています。その椎骨をつないで支えてくれているのが、靭帯です。靭帯はさらに前縦靭帯、後縦靭帯、黄色靭帯に分けて呼ばれています。これらの靭帯が何らかの原因で骨化(厚く硬くなってしまう)してしまう病気を総称して脊柱靭帯骨化症と呼んでいます。

なぜ、靭帯が骨化してしまうのか?はまだ正確にはわかっていないそうです。ただ、遺伝的な要因が関係しているようです。

頚椎ねんざ(むち打ち症)

頚椎ねんざ(むち打ち症、ムチウチ)の主な症状は、首の痛みです。また、頭痛、しびれや麻痺などの症状もあらわれることもあります。

頚椎ねんざ(むち打ち症、ムチウチ)の主な原因は、自動車事故やスポーツ障害や頭を強く打ったなどがあげられます。むち打ち症は、検査しても骨や椎間板、靭帯には損傷がないと診断されたものをいいます。

首の痛みや頭痛などの症状が長期間続く場合は、交通事故時の恐怖や何らかの心理的要因が関係していると考えられています。