整体なら長野市の体バランス快復センター

腰痛・肩こり・頭痛・膝痛・坐骨神経痛・自律神経失調症・アトピー性皮膚炎・更年期障害など慢性症状専門整体院 駐車場完備


長野県長野市高田1939-8 営業時間:9:00〜19:00 定休日:火、日曜日、祝日
完全予約制(当日予約でも大歓迎) 今すぐお電話⇒0120-97-3096
「いきなり電話はちょっと・・・」という方はこちらをどうぞ

肩こりや首痛と体の構造 長野市の整体 体バランス快復センター

まず背骨について知っておきましょう

背骨という言葉は聞いたことがあると思います。背骨は難しい言葉では、「脊柱」と呼ばれています。

背骨(脊柱)は、3つのパートに分けて名前がつけられています。上から、「頚椎」「胸椎」「腰椎」です。腰椎の下に、仙骨という骨ちょっと変わった骨と尾骨という骨小さな骨があります。

背骨(脊柱)は一本の骨ではなく、いくつもの椎骨という小さい骨が積み重なって構成されています。首の骨である頚椎は、7個の骨からなり、胸の骨である胸椎は、12個の骨からなり、腰の骨である腰椎は、5個の骨でなりたっています。

頚椎は、背骨の中でも運動性が高いです。前後、左右に倒れたり、ひねったり、ねじったりすることができます。これは、頭をいろんなふうに動かすためです。

胸椎は、背骨の中でも運動性は高くありません。肋骨でつながっているためです。腰椎は、背骨の中でも支える力が高くなっています。これは、上半身の体重を支えるためです。

背骨(脊柱)は、前と後ろから見るとまっすぐです。ところが横から見ると、アルファベットの’S’の字のようなカーブを描いています。首の骨である頚椎は、少し前が出ていて、胸の骨である胸椎は、少し後ろに出ていて、腰の骨である腰椎は、頚椎と同じように少し前に出ています。

また、背骨を構成している椎骨と椎骨の間には、「椎間板」という軟骨があります。

このカーブと椎間板があるおかげで、脳が守られているのです。もし、背骨がまっすぐの棒だとしたら、飛んだり跳ねたりした衝撃が脳を直撃してしまいます。そこで、背骨はカーブをつくり、椎間板はクッションの役目をして衝撃を吸収してくれているのです。

このカーブがなくまっすぐになったり(ストレートネック)すると、さまざまな首や肩のトラブルが発生します。


背骨(脊柱)は、主に2つのはたらきがあります。それは、体を支えてくれる柱のはたらきと神経を守ってくれるはたらきです。

背骨は柱として体を支えてくれています。さらに、体を曲げたり伸ばしたりひねったりする動きを可能にしてくれています。

それから、背骨の中には「脊髄」とよばれる神経があります。この大切な脊髄を守るために、背骨の真ん中に穴が空いて(これを脊柱管と呼んでいます)その穴に脊髄が通っており、周りの硬い骨で守られています。

骨はつくり替えられている

大人になってできた骨は変わらないと思っている人も多いことでしょう。ところが、骨はゆっくりとつくり替えられているのです。

新陳代謝という言葉を聞いたことがあるでしょう。骨も新陳代謝を繰りかえてしています。実は、すこしずつ骨は壊されていき、また新しい骨につくり替えられているのです。ただし、年をとると新陳代謝も衰えていきます。骨の老化です。

骨の老化と同様に、椎骨と椎骨の間にある椎間板という軟骨も老化してきます。椎間板が老化してくると、椎間板が傷んでくるのです。つぶれてしまったり、変形したりしてきます。それがすすんでくると、椎骨にも影響が及んでいきます。骨がトゲトゲしてきたり、ずれてきてしまったりします。これが首や肩の症状としてあらわれてきます。

背骨の中にある神経の障害によりさまざまな症状があらわれる

老化やその他のなんらかの原因によって、椎間板や椎骨が変形してくると、背骨の中にある神経が圧迫されたり、傷んできて首や肩や腕や手の症状があらわれてきます。

背骨の中にある神経は、背骨から全身にいきわたっています。首からでている神経は、腕や手にいきわたっています。なので、腕や手に何かの症状が出た場合、その元である首の神経が圧迫されいるとか傷んでいるとかが原因の場合が多いのです。